宮大工とは?

作業員

宮大工と聞いてピンと来る方も少なくないでしょう。でも実際に宮大工とはそういった仕事なのか気になる方も多くいます。このページでは宮大工について詳しく説明しましょう。昔から神社を建てるのに宮大工の技術が必要でした。神聖な建物では鉄釘を使っては行けない決まりで、木と木を組み合わせる「木組み工法」という方法で建てていきます。しかし、その工法を覚えることは難しく、宮大工の一人前に認められるには弟子入りして最低でも7~8年、師匠の元で修行しないといけません。そのため、通常の大工よりも約3倍も修行期間が長いのです。でも、台風が来ても壊れない、地震が来ても倒れないといった強靭な建物になります。その証拠に何百年も建っている神社があるのことです。現在は建築技術も進化していますが、昔からの工法も素晴らしい耐久性があるので、もし、夢のマイホームを建てる時に宮大工の技術を利用するのも良いと思います。

宮大工に一戸建ての建設を依頼する時は、住宅メーカーに相談しましょう。依頼者と宮大工の間に住宅メーカーが入るので、大工の交渉も代行してくれます。しかし、その場合は仲介手数料が掛かるため、知識が浅い方は住宅メーカーを利用してください。でも、宮大工と対等に話できる方は直接交渉するという方法もあります。そうすることで仲介手数料がなくなり。その分を建築材料にすることも可能です。神社でも使用されているような高級な材料で家を建てることも夢ではありません。宮大工で建てるなら、他の家とは違う特別で神聖な家になるかもしれませんよ。